無農薬で自給自足

 今年から、無農薬農業にジャンルに、米つくりを加えます。 冬季湛水にて自然豊かな田んぼにして、ほたるの居る田んぼを創ります。   誰でもが簡単に無農薬の田んぼつくりができるよう田んぼを用意し、定期的に実習教室を計画して、自給自足の米つくりを支援します。  武石川の源流のきれいな水で米つくりをしましょう。  宮 下   和 美 

土曜日, 4月 01, 2017

リスク マネジメント

考えられるリスクについて、準備して備えることを、マネジメントというらしい。

 何故か、太陽がおかしいらしい。
地球の気候変動が大ブレするだろう。
寒冷化、温暖化、台風の大型化、地震の大型化というような事による、冷害・干ばつ・水害・土石流が予想され、食料の枯渇と電化生活の分断がありえる。
冷害;自然栽培に拠る強固なイネや野菜の栽培技術の研究と実践。これを整えると強い。
干ばつ;源流域の寒冷地に住むことで、比較対象地域的に恵まれている場所を確保。
水害;土石流や大水と強風に耐えられる場所の確保と耐久設備の改良を進めよう。
枯渇;自給自足や自家採種・自然界の植生を利用した生き方を進める。
インフラの停止;自然回帰による対応を備える。

 政治がおかしい。(らしいのではなく、無産階級にとっては無政府状態と認識スヘシ)
医療費・介護費の援助が遠くなっている;医者にかからず自立できる生活習慣を身につける。
安全と健康;自然食により食の安全を確保し、適度の運動負荷と酵素食により、脳と身体の若返りを図り、長活き生きの果に、自然死を選べる生き様を身につけた。
年金;自給自足を心がけ、助けてもらわなくても生きていける環境を確保スベシ、年金貰たっただけ得になる。
 当てにしないで活きる。ことは、その気があればできる、イチバン楽な対応ですね。

 トランプとプーチンとシーさんの世界になりそう。
仲良し三人組;軍事緊張より、経済緊張がやってくる。日本の消費税はアメリカ企業にとって、貿易摩擦なのだ。
謂われる前に消費税廃止を掲げる政権に明日がありそう;「ピンチがチャンスって、考えて政治の手綱を」そういうヤツ出るまで、日本はどん底を舐めるのだろうな。
蹂躙;韓国のほうがまだマシ。三権分立させて、国民から見て、外国人からも見ても、まっとうな政してないと、日本株売り逃げになりそう。
破綻したら、しばらく起き上がれそうにないが、みなさまその時を経験してみないと、解らないだろうな。

 不動のものがある。
人々は明日も腹が減って、飯も食うし、水も飲む。
僅かにでも不動の土地があれば、そこに住む。
心と身体の元気な人以外は、病んでしまうだろう。
曇りの日もあれば、ハレの日もあって、毎日時間は流れていく。
夢は、誰も邪魔することはできない。
まあ、気の持ちようだね。


0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home