無農薬で自給自足

 今年から、無農薬農業にジャンルに、米つくりを加えます。 冬季湛水にて自然豊かな田んぼにして、ほたるの居る田んぼを創ります。   誰でもが簡単に無農薬の田んぼつくりができるよう田んぼを用意し、定期的に実習教室を計画して、自給自足の米つくりを支援します。  武石川の源流のきれいな水で米つくりをしましょう。  宮 下   和 美 

水曜日, 12月 30, 2015

惻隠の情を禁じ得ない

隣国との懸案事項がひとつ解決の方向にかじを切ったようですね。

投げ銭を見ているような、嫌な気持ちに襲われました。

人にお渡しする時、食べ物もお金も投げてはいけません。

お詫びの気持ちがわずかでもあるなら、投げ銭の如き振る舞いは避けねばならないはずです。

一国の懸案事項を解決するには、あまりに少額で、これまで報道で聞いてきた、トラブルのない国への援助額に比べて、10億円という額をワタシは信じられません。

信じられなくて、もう一度新聞を見直しました。

「財団に基金として10億円を拠出」とあります。紐付はもっといけません。
財団は金利で運用するのですから、低金利のいま10億は頂けませんでした。

友好財団などをべつに新たに設立して、100億とか1000億とかでないと、お詫びの心まで見透かされる、首相のポケットからのカネなのか、外相がガキの使いなのか、品格が感じられません。


「親父が行って来いといったので」と、米がお膳立てしたレールに乗っかっただけが、みえみえ。

だが、使いの側に心がなく、幾つかの差別思想が根底にあって、ソレを抱えたまま、物事を実行しようとしたエラーだと思います。


ワタシはアジアの人々に、惻隠の情を禁じ得ず、忸怩たる思いに涙しています。


日本人は、本来優しい民族です。

ワタシは、武士の心を持っているつもりなので、今の我が国の品格の劣化を嘆いています。


この日の出来事により、日本と韓国は当分、国際的な主題者から外れる道を歩まざるを得ないでしょう。

これを以って「国を売る」というのだと思います。


角栄さんのように、心を以って出かけていくような、指導者を切に切に求めます。

指導者を替えなければ、ワタシタチは後進国の後ろに並ぶようになってしまいます。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home