無農薬で自給自足

 今年から、無農薬農業にジャンルに、米つくりを加えます。 冬季湛水にて自然豊かな田んぼにして、ほたるの居る田んぼを創ります。   誰でもが簡単に無農薬の田んぼつくりができるよう田んぼを用意し、定期的に実習教室を計画して、自給自足の米つくりを支援します。  武石川の源流のきれいな水で米つくりをしましょう。  宮 下   和 美 

土曜日, 2月 20, 2016

イタチごっこだが。

ワタシは、この地域の荒廃農地10町歩を借りています。
だから、この地域には、荒れた農地もソーラーパネルもそう多くは見かけません。

何も入れない田んぼでは、蜘蛛がびっしり張っていたり、トンボもイモリも戻ってきました。
ほたるも僅かに発見することができました。

でも、慣行農法のみなさんは、化学肥料に除草剤、農薬や殺虫剤を撒いてくれます。

一歩進んで二歩下がる。

僅かに、奥さん方が「お宅の田んぼのセリは安全だで、くださいな。」と言って、バケツを持ってやってきますのが救いです。

「もう少し、もう少しだ。」と思います。

0 Comments:

コメントを投稿

Links to this post:

リンクを作成

<< Home